2016年度 新歓情報

あなたも自然の中を駆け巡るスポーツ、オリエンテーリングを始めてみませんか?

オリエンテーリングとは?

大自然を駆け巡り、チェックポイントを順に辿って、タイムを競うスポーツです。
通るポイントの位置は決まっていますが、ポイントからポイントまでどう行くかは決まっていません。
距離が短く迷わず行けるルートを地図から見つけ出す知力と山の中を走れる体力の両方が求められるスポーツです。

 

 

 

 

 

必要なもの

オリエンテーリングに必要なものは、地図、コンパス、Eカードの3つ!!


何を競うの?

地図に書かれたチェックポイント(コントロールと言います)を数字が若い順に通っていきます。

スタート(△印)から順にコントロール(◯)をたどっていき、ゴールまで(◎印)にかかったタイムを競うスポーツです。

各コントロール間のルートチョイスは自由!ルートチョイス力が勝負のカギを握ります!

森の中を走るフォレスト競技のほかにも公園などの開けた場所を走るスプリント競技、三人一組で合計タイムを競うリレー競技など、 オリエンテーリングと一口に言っても色々な競技があります。

地図の見方がわからない(><)

ここでは上の写真を使って簡単に説明しましょう。
まず、茶色の曲線は等高線を表します。図では一部しか映っていないためわかりにくいですが、右が高くなっています。
次に、右端の方や左端の方にある薄だいだい色の太い線が舗装された道、そこから伸びている黒い点線が舗装されていない山道を表します。
また、等高線で表されたところが緑色で塗ってあるのは森の走りやすさを表します。 白い部分はとても走りやすく、緑が濃くなるにつれて木が多く生えていて走りにくくなります。
もっと詳しい話や具体的にどういうところを見ればいいかは、説明会や体験会で部員の先輩に聞いてみてください。

コントロールを通った証明は?

コントロールにはポストと呼ばれる目印が置いてあります。この先にEカードをはめる機械がついていて、 そこにEカードをパンチすることによってEカードに通過情報が書き込まれ、コントロールを通った証明になります!

コントロールを通っていないと失格扱いになります。

結局なにが面白いの?

オリエンテーリングは、コントロール位置は決められているものの、そのルートは決まっていません. コントロール間のルートチョイスで体力、走力の不足をカバーすることができます。そのため 体力があって足が速ければ勝てるというわけではありません知力と体力の両方で勝負が決まるのです!!

具体的には....

先ほどの地図ですが、①から②までどう行くのがいいでしょうか?

まっすぐ進むと距離は短いかもしれませんが、高いところへ登る割にその後下らなければいけませんね。無駄に登ってしまうのはやっぱりしんどいし時間もかかる...


代わりに青線のルートはどうでしょうか?多少遠回りになりますが、登る量が少なく走りやすいですね。

他にも、自分がどこにいるか見失わないように走るときに地形を目印にしたり、木の茂り具合を考えてルートを変更したりと、様々な条件を考えながら最適なコースを瞬時に選択する地図読み力が求められます。

このようにオリエンは知力と体力を同時にフル活用する新感覚スポーツなのです!!

同じ山に何度も入って飽きないの?

実はオリエンテーリングの地図はほとんどが人力調査により作成されています。そのため一つの地図を作るのにものすごいエネルギーが必要なのです!!ところが日本各地に地図があり、定期的に更新されています。

手ごろな地形が多い矢板(栃木県)、地形ははっきりとしているが斜面がきつい愛知、斜面が緩く走りやすいが茨の多い富士(静岡県)、地形が細かく正確なナビゲーションが求められる関西

そのほかにも長野や奈良、東北北海道にいたるまで様々なテレイン(オリエンをする林)があります。どこも一長一短で、部員の中でも好みは様々!

レンタカーでしょっちゅう遠征を行っているので、日本中の森に入ることができますよ!そしてもちろん観光も!

走った結果はLapCenterで確認!

走った後はLapCenterというサイトで自分の成績を見ることができます。 全体のタイムが悪くても各コース間のタイムが記録されているので、例えば「全体は10位だったけど8⇒9だけは1位だった」など、 最後まで日の目を見るチャンスがあります。そのほかにも、自分の走りのうちの無駄な部分を表す「ミス率」や、 周りの選手との相対的なスピードを示す「巡航速度」など、様々な分析結果が表示され、走った後もさらに楽しむ要素があります。

最後に

あれこれ説明したものの、結局は実際にオリエンをしてその楽しさを肌で感じてもらうのが一番です。少しでも気になったあなたはぜひ週末の体験会に来てみてください!!

トップページサークル紹介